楽天モバイル下取りの手順 iPhone 6Sを下取りに出した結果

節約・節税

楽天モバイルのGalaxy A7を購入したので、これまで使っていたiPhone 6Sをスマホ下取りサービスに出しましたので、入金までの過程を紹介します。

やり方は全然難しくなく、非常に分かりやすい仕組みになっています。

しかし下取りなので査定があり、その査定結果で金額が変わってしまうところが一番難しいところかと思います。

私のiPhone 6Sは、カバーは付けていたものの少々傷があり減額対象かと心配しました。

結果は満額査定でしたが、その傷の写真もアップしているので、これから下取りに出そうとしている人は参考にしてみて下さい。

1、Webで申し込み

今回はPC版の画面を元に進めます。

まず、楽天モバイルの下取りサービスのサイトにアクセス。

画面中央の「下取りのお申し込みはこちら」をタップ。

「下取りを開始する」をタップ。

楽天モバイルの会員情報を受け取る「OK」をタップ。

キャリアを選択後、「続ける」をタップ。

端末情報を入力します。

IMEIを入力しますが、iPhoneの場合は「設定」→「一般」→「情報」の下の方にあります。

画像はiPhone SE2の画面です。

IMEIを入力して「確認する」をタップした後、メーカー、製品、容量を選択して「続ける」をタップ。

当てはまる製品の状態にチェックを入れます。

「製品に外装上の損傷がない」はどの程度の傷か迷うところですが、取り敢えず私はチェックを入れました。

私のiPhone 6S 16GBの見積りは¥7,100となりました。

受け取り方法は「楽天キャッシュ」のみです。

「同意して続行」をタップします。

この金額は満額査定の結果で、私のiPhoneが果たして満額となるのでしょうか?

細かく見たところ、3ヵ所に傷で減額されるかも、と思われる部分がありました。

このくらいの傷は使っていればつくと思うんですけどね。

この後は住所や氏名などを入力して、梱包グッズが届くのを待ちます。

2、梱包から発送まで

私の場合、梱包グッズは9月6日に申し込んで、5日後の11日に届きました。

本人限定受取(特例型)郵便物で来るので、郵便局まで取りに行くか、自宅まで届けてもらって本人が受け取る必要があります。



受け取ると中にはレターパックライトの封筒とスマホを入れるプチプチ、書類3枚が同封されています。

書類3枚は、注意事項、申請情報の裏に申込書、iCloudの解除方法です。

申込書には、記載事項の同意の署名、本人確認書類の貼り付けが必要となります。

「iPhoneを探す」をオフにします。

設定→(自分のアカウント)→探す→iPhoneを探す→オフ

「iCloud」解除方法

設定→(自分のアカウント)→サインアウト→サインアウト→iPhoneから削除→オフにする

デバイスの情報を全て消します。

設定→一般→リセット→全てのコンテンツと設定を消去→iPhoneを消去

【注意点】
・SIMカードは抜き取って下さい。
・カバーなどの付属品は全て外して下さい。

3、査定結果

スマホを発送して4日後にメールで査定結果が届きました。

特にすることはありませんが、提示額と同額なので、傷は減額とはなっていません。

あと間違えてしまったのですが、au版のiPhoneをSIMロックを解除してソフトバンクで利用していました。

下取りの端末情報を入力する時に、キャリアを「ソフトバンク」としてしまいましたが、承認画面では「AU」となっています。

キャリアは間違えても大丈夫のようです。

4、楽天モバイルの下取りサービス まとめ

サイトの構成や発送物などは非常に分かりやすく、手間もかかりません。

端末の傷は、通常使用する上で付くような小さな傷であれば減額とはならないようです。

サイトでキャリアを間違えても問題ありません(間違えない方がいいです)。

楽天モバイルは、ポイント還元や1年間料金無料(条件あり)ですので、取り敢えず使ってみて気に入ったら下取りサービスも利用するのもいいのではないでしょうか。

販売端末一覧

コメント