NHK受信料搾取のためにテレビ届け出義務の要望→上級国民は周りが見えていないのか?

テレビ届け出義務、民放は疑問視 「経費節減策」とNHK | 共同通信
NHKが16日の総務省の有識者会議で、テレビの設置届け出義務などを要望したことを受け、民放キー局幹部...

NHKが16日の総務省の有識者会議で、テレビの設置届け出義務などを要望しました。

しかし、民放キー局は
「視聴者の理解が得られない」
「ますますテレビ離れが進む」
「NHKの経費の圧縮が先だ」
とNHKの考えに疑問の声が上がっています。

現在の日本ではテレビを買うと自動的にNHK料金が徴収される仕組みになっています。

BS衛星放送込みで月額2,170円(口座、クレジット払い)が最安で、年間払いなどまとめて支払いをすると更に安くなります。

年間2万円を超える出費となるので結構痛いです。

使ったサービスにお金を払うのが当たり前ですが、使っても使わなくてもテレビがあれば支払いの義務があるというのは誰が考えても納得ができるものではありません。

受信料を取るため(NHK幹部は不払い対策ではないと言っているらしいですが)にテレビの届け出を義務化すると言い出しています。

そんなことをすればテレビを買う人が減り電気メーカーは困るし、民放各社はそもそも放送無料ですからとばっちりを食ってしまいます。

もちろん国営放送局はニュース、災害時の放送、国会中継など必要とされる放送もあります。

しかし、巨額な制作費の大河ドラマ、紅白なんかで俳優やら歌手やらに大きな金を掛ける必要なんてあるのでしょうか?

放送局もNHK、Eテレ、BS1、BSプレミアムなど沢山あり、そんなに誰が見ているのか、必要性がよくわかりません。

NHKは受信料が自動的に入ってきて、一般人と感覚がズレてしまっています。

NHK正規職員の平均年収は1800万円でいわば、NHK職員=上級国民。

国民からむしり取って高給取りとなってしまっていて、その利権を守るのに必死です。

私は現在はテレビのスイッチを入れることは殆ど無い生活を送っています。

昔はテレビっ子だったと思うのですが、もうテレビを見ない生活習慣になってしまいました。

この期に及んで「テレビの設置届け出義務」とか、あり得ない選択です。

民間企業であれば、まず経費削減となるでしょう。

その発想がないのでしょうか?

例えば
・なぜか沢山あるチャンネル数を減らす
・不必要に華美なスタジオ装飾や無駄なBGMを減らす
・無駄なオリジナルソング作ったり変なアニメを作るのやめる
・芸人、アイドル、タレント使うのやめる
・ナレーションはすべてNHKアナウンサー
これだけでも経費は削減できます。

今や、ネットで面白くて役に立つ動画がいくらでも見る事ができる時代。

NHKの月額でどのくらい動画を見る事ができるかと言うと、Amazonプライムビデオ(408円:年会員)、Hulu(1026円)、Netflix(880円:ベーシック)とほぼ同額(差額は144円)。

よく分からないまま支払っているサービス料なら、自分で納得して支払う方がいいですよね。

無料のYouTubeなどもあり、テレビ離れが加速することは避けられませんが、それを自ら首を絞める行為は周りが見えていないのかも知れません。

コメント